12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2015-08-28 (Fri)
ジョイ 8月9日(日曜日)から11日(月曜日)の2日間まるでウンチが出ない。
散歩でも元気に歩くし、食欲も旺盛で他には変わったことがない。
月曜日まで様子を見て動物病院へ連れて行くつもりでいた。
12日(火曜日)の朝も出なかったので午前中に動物病院へ。

12日(火曜日)
診ていただくと肛門が腫れていて先生が指を入れて触診を試みられるが
入らない状態だし、浣腸もできない。

元気で食欲も旺盛だということを話すと先生も考えこみ
普通は食欲がなくなるとのことで
こんな症状は診たことがないとのこと。

5月の終わりにフィラリアの血液検査と一緒に健康診断の血液検査もして
すべての項目が基準値でに異常なしだったのでこの日はしなくてもいいとのこと。

院内でできる血液検査CRP(身体のどこかで炎症が起ると上昇)の数値が
基準値は0~1mg/d1なのになんとジョイはな、なんと20㎎/d1もあった。
「原因は?」と尋ねてみるとたぶん自己免疫疾患だろう?とのこと。
肛門の炎症を抑える為にステロイド薬の注射と抗生物質の注射を打つことに。
よほどの場合ではない限りステロイド薬は使わないでくださいとの私の要望が
カルテに書いてあったので
「これはよほどのことなのでステロイド薬を使わせてもらいます」とのこと
私も了承した。
次の日からプレドニン5mg(ステロイド)の錠剤を毎朝1、5錠 
抗生剤(名前が分からず)1錠を服用。

次回の診療日の15日(土曜日)に改善が見られなければ
健康診断で検査した項目全部の血液検査の予定。

ステロイド薬を使うことになったので肝臓をサポートしてくれる
サプリメントのミルクシスルをネットで注文。

13日(水曜日)
   親指ほどの大きさのウンチが2本出た。

14日(木曜日)
   朝 驚くほどの大量のウンチが・・・

注文しておいたミルクシスルが届いたので夕ごはんがら使用。
朝と晩ごはんに混ぜてしばらくの間は使うことに。

15日(土曜日)
動物病院へ再診に。
肛門の腫れもひいている。
ステロイド薬の効果はすごい。
血液検査CRPの数値が2に下がった。
16日からステロイド剤1錠、抗生剤1錠に

21日(金曜日)
動物病院へ
血液検査CRPの数値が0.4に下がった。
22日からステロイド剤1錠を1日おきに

28日(金曜日)
動物病院へ
血液検査CRPの数値が0・15に下がった。
明日29日(土曜日)からはステロイド剤 半錠を1日おきに2週間。
これから先ステロイド剤を減らしていく。
減らすさじ加減が難しいとのこと。
ステロイド剤が0になった時にどうなるのか不安だが
なるべく早く終わりにしたい。

次回の診療日は2週間後の9月11日(金曜日)

IMG_0659[1]

ジョイとメグ 元気です。
涼しくなってきたのでジョイとメグがじゃれあっている姿を今までよりも
見かけるようになりました。
スポンサーサイト
| 怪我、病気 | COM(10) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。