123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2016-09-16 (Fri)
16日(金曜日)

6月のジョイの誕生日から放置のブログ。
すでにもう9月の半ば・・・

14歳の高齢犬であるジョイの注意を怠らないように
記しておこうと思います。

ジョイ、去年は夏の終わりに肛門が腫れてウンチが出なくなり
病院通いでした。

今年は9月7日の23時頃から8日の明け方まで軟便が続き
最後は何も出ず水のようなものが出ていました。
かかりつつけの動物病院が9時からなので連れて行こうと思っていたら
落ち着いたようなので1日様子を見ることにしました。
食欲もあり散歩にも行きました。
散歩から帰り、足を洗っている時にお尻からの出血に気が付きました。

次の日(9日)に動物病院へ行きました。
事情を話し診てもらうと「肛門のう炎」とのこと、肛門のうをカテーテル洗浄してもらい
抗生剤で1週間 様子を見ることになりました。
*肛門のう炎(肛門のうと呼ばれる部分が細菌などに感染したことによって起こる炎症)

それに去年の夏の終わりと同じで肛門も腫れていて、CRP(炎症の数値)の血液検査で
20を振り切ったとのこと、ステロイド剤も服用することになりました。

1週間後の今日 病院へ

CRPの数値が1、3まで下がりました。
肛門の腫れは引いたようですが肛門のうはまだ治っていないので
肛門のうに直接、カテーテルを使い抗生物質を入れてもらいました。

次は1週間後 病院へ行きます。

RIMG3042[1]

RIMG3040[1]
ジョイは撮られていることに気が付き顔を上げ起き上がり、モデル料の催促です。
もちろんジョイもメグもご褒美がもらえました。


スポンサーサイト
| 怪我、病気 | COM(4) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。